昔のナースといえばほとんどが看護「婦」さんつ

昔のナースといえば、ほとんどが看護「婦」さん、つまり女性のしごとでした。
しかし最近の傾向は、どこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも珍しくありません。
実際にNURSEに必要な適性を考慮しても、NURSEに関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。
女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今のナースにもとめられる大切な能力だと言えます。
働く看護師の休日に関してですが、本人が働いている医療機関で異なっているんですから、一概には言えません。特に、3交代の勤務体系でおこなわれていると、先にシフトが組まれていますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも一般的です。む知ろ、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、その点を上手に利用して充実した休日にする人もいます。
病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、このところ次第に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。
ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。
でも、人手が足りていないというのなら、それは、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいいはたらき先を見つけられる等の利点を挙げることができます。医療機関で正職員としてはたらき、病棟勤務についていれば病院によりますが、2交代制か3交代制でもれなくシフト勤務業務に入ることになるはずです。なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)や看護師も減ってしまいますし、それなのに、夜半に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。持ちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果としてシフト勤務の作業量は、おそらく日勤を超えるでしょう。日々、看護師の激務に追われてはたらきつづけていくと、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。
沿うなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。
ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。
ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、しごとの内容は全く変わってきます。
初めて看護師の就職先を捜してみても中々見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。一般的に、求人には年齢についての制限を載せていない場合も、病院側の事情で採用に関する制限を決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることはエラーないでしょう。
ドラマのようには上手くはいかないのがナースのしごとです。
普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にもしごとが多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。
とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。
先程まで愚痴っていた人が突然笑顔になるのです。ナースはさながら女優だなと感じます。勤務時間について、看護師というおしごとには、少し厳しいようなイメージがあるかも知れませんが、実は意外と調整しやすいようになっているんです。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、育児中であってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。
コドモがいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場の皆様でともかくフォロー(Twitterでは、フォローすることで相手の呟きを自分のページに表示できるようになります)し合えるのは、時間調整しやすいはたらき方による、というのが大きいようです。
なお他業種同様、8時間勤務が基本です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ