手術では他の歯に触れていなくてもインプラントをし

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応し立ためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯医者の診断をうけることで早めの対応をしていきましょう。「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギと言えるでしょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療とくらべてもコストがかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟して頂戴。そして、治療にエラーや失敗があると健康被害が起きると、おもったより深刻化する危険性も承知しておいて頂戴。
障害が残るばかりか、治療によって死亡した場合もありました。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えて頂戴。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療をうけましょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯にくらべれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。インプラントの特質として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどに丈夫に創られていることはいうまでもありません。持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことが出来ます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいて頂戴。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ